XM CFD取引

XMでS&P500(US500)取引する方法と注意点

この記事のざっくり解説:

  • XMではS&P500が取引できる
  • 銘柄名はUS500Cash
  • US500Cashはレバレッジ100倍
  • 現物US500Cash、先物US500の違い
  • XMでUS500を取引する方法

米国株といえばダウ30が世界の中心といえるほど有名ですが、アメリカ株の全体を表す指数といえばS&P500があります。

XMではこのS&P500CFDをレバレッジ100倍と狭いスプレッドで取引できる環境が整っています。

この記事ではXMが提供するS&P500CFDの説明と、その具体的な方法、さらには注意点について解説しています。

おくお
おくお
ダウCFDは取引金額が非常に大きいですが、S&P500はその10分の1で比較的低リスクです。

ちなみにダウ30CFDについてはコチラの記事で。

XMでダウ平均(US30)取引する方法と注意点 この記事のざっくり解説: XMで扱うダウ平均CFDはUS30 XMはUS30レバ100倍で取引可能 現物U...

 

XM提供S&P500CFD(+米株CFD)

ダウやS&P500といった米国株価指数CFDはFXと比べてレバレッジや取引時間が異なります。

また現物と先物の2種類がありますので注意しましょう。

 

S&P500とは

S&P500はNY市場及びNASDAQの中から流動性のある大型株500銘柄で構成される株価指数です。

NY市場の時価総額の約75%をカバーしており、ダウ30が世界を代表する企業の指数に対して、こちらはアメリカ株全体の指標と言われています。

ダウ30は銘柄数が少なく高価格銘柄が多いため非常に値動きが大きいのに対して、S&P500は大型株が多いので値動きは比較的小さい特徴があります。

米国が世界一の経済力を保持していく以上、S&P500の指数も順調に上がり続ける可能性が非常に高いです。

最近は積立投資の資産運用では必ずと言っていいほど米国株は入れられており、日本に住んでいても身近になっている株価指数ですね。

>> 参考:S&P500構成銘柄(wikipedia)

ちなみにS&P400やS&P600という指数もあります。

 

XMでS&P500は『US500』という銘柄

XMは銘柄名にS&P500という表記はなく『US500』という名前の銘柄で提供しています。

これは『USA:アメリカ』と『500指数』で表したものです。

XM取扱の銘柄名:

  • ナスダック100: US100
  • ダウ30:US30
  • S&P500:US500

 

  1. 米国の100銘柄で構成されるからナスダック100は『US100』
  2. 30銘柄で構成されるからダウ30は『US30』
  3. 500銘柄で構成されるからS&P500は『US500』

名付けは単純ですね。

おくお
おくお
30がダウ、500がS&Pと数字で覚えておくといいですよ

 

US500のロットと利益計算

S&P500の1lotの取引金額はおよそ3000USD、日本円換算だと30万円ほどの金額となります。

ダウ30CFDはおよそ2万USD(日本円200万円以上)のため、8倍近くの差があります。

まずは1lotでどれくらいの利益が出るのか、利益算出を覚えておきましょう。ダウ30と同じドル建ての銘柄なので、100ポイント取ると100ドルの損益になります。

S&P500CFD(US500)

  • 1lotで100ドル取ると、100ドルの利益(約11000円)
  • 100lotで100ドル取ると、10000ドルの利益(約110万円)

ダウ30CFD(US30)

  • 1lotで100ドル取ると、100ドルの利益(約11000円)
  • 100lotで100ドル取ると、10000ドルの利益(約110万円)

 

US500の1ロット必要証拠金の計算

XMでは口座ごとに1~888倍のレバレッジ設定ができますがCFDは銘柄ごとに個別のレバレッジが設定されています

そのため必要証拠金はFXとは別の計算になります。

S&P500(US500)の証拠金率

S&P500(US500)の証拠金率は1.0%
これはレバレッジ100倍です

具体的な証拠金を例をとって計算してみましょう。

実際のCFDの必要証拠金は『ロット数』×『コントラクトサイズ』×『オープン価格』×『証拠金率』という計算式で求められます。

各用語の解説や、コントラクトサイズや必要証拠金をどこで参照するかはコチラの記事で解説しています。

XM CFD証拠金計算方法を徹底解説【用語解説付き】 この記事のざっくり解説: CFD証拠金計算式は『ロット数』×『コントラクトサイズ』×『オープン価格』×『証拠金率』 ...

注文画面にて『ロット数』『オープン価格(約定価格)』を取得

XM公式株価指数CFDページにてUS500Cashの証拠金率を取得。

情報を再確認して計算します。

実際の必要証拠金(ドル換算)

『1』×『1』×『2424USD』×『1%』=24.24USD

円換算する:(ドル円=110円)

24.24×110=2666円

このように算出できました。

US500を1ロット取引するには約2600円の証拠金が必要になります。

おくお
おくお
US500Cashは約27万円の取引ですが、1%の証拠金で済むのでわずか3000円でよいわけですね。

US500の取引時間

FXの場合は土日を除く24時間取引可能ですが、CFDの場合は取引時間が予め決められています

早朝などは短期間にせよ取引不可能な時間帯があることを覚えておきましょう

CFD銘柄冬時間(標準+7)夏時間(標準+6)
日経225
(JP225)
平日
08:05-06:15,
06:30-06:55

メンテ
06:15-06:30,
06:55-08:05
平日
07:05-05:15,
05:30-05:55

メンテ
05:15-05:30,
05:55-07:05
ダウ
(US30)
原油
(OIL)
平日
08:05-06:55
金曜

08:05-06:10
メンテ
06:55-08:05
平日
07:05-05:55
金曜
07:05-05:10

メンテ
05:55-07:05

 

US500には現物と先物がある

XMでトレードできるS&P500CFDは1つだけではありません。

US500Cash』と『US500-隔月』の2種類があります。

『US500Cash』は現物CFD、『US500-隔月』は先物CFDで取引期限がUS500の後に表記されています。シンボル名は次のとおりです。

  • 現物CFD : US500Cash
    (CFD Cash)
  • 先物CFD : US500-MAR20
    (CFD Future)

Cashとは『現物』の意味であり、『-MAR20』とは隔月を意味しています。

 

US500の現物と先物の違い

現物CFDである『US500Cash』と先物CFDである『US500-隔月』は一見同じような商品に見えますが、次のような違いがあります。

  • 現物US500Cashは取引期限がない、
    先物US500は期限がある
  • 現物US500Cashはスプレッドが狭い、
    先物US500はスプレッドが広い
  • 現物US500Cashは配当金が貰える
    ※買いポジションのみ
    先物US500は配当金はもらえない
  • 現物US500Cashはマイナススワップ
    先物US500はスワップはない

 

先物には銘柄名の後に期月がある
おくお
おくお
現物であるUS500Cashのほうがスプレッドが狭いですね。

ここでは先物と現物については軽く触れていますが、現物と先物の違いについてはコチラの記事で詳しく解説しています。

XMの株価指数CFD現物と先物の違い、どちらが良いのか この記事のざっくり解説: XMCFDには現物と先物がある 現物CFDと先物CFDの違いを比較 現物CFDと...

 

US500現物、先物の取引注意点

現物と先物の違いを示しましたが、特段注意するポイントは2つです。

現物と先物のポイント:

  • 現物CFDのUS500Cashは持ち越すとマイナススワップが付く
  • 先物CFDのUS500は取引期限がある

現物CFDというのは買いでも売りでもスワップがマイナスになってしまうので持ち越しには向いていません。

先物CFDは3ヶ月間という期限が定められており、期限の最終日『満期』になると自動的にポジションは強制決済されてしまいます。

取引期限はXM公式サイトのCFD銘柄:株価指数ページ中段のタブ『カレンダー』に記載されています。

主にDEC(12月)、MAR(3月)、JUN(6月)、SEP(9月)が区切りとなっていますね。

おくお
おくお
低スプの現物US500Cashでデイトレ
おくお
おくお
マイナススワップが付かない先物US500でスイングトレード

 

XMでUS500をトレードする方法

MT4/MT5を利用してトレードする方法を紹介します

US500をMT4に表示させる

MT4/MT5をインストール直後には『US500Cash』や『US500-隔月』は気配値表示に表示されていません。

そのため取引しやすいよう気配値表示に追加します。

US500を追加する方法(MT4):

  1. どこでもよいので気配値を右クリック
  2. メニュー『通貨ペア』を選択
  3. 一覧表示される中から銘柄を選択
  4. 現物『US500Cash』は「CFD Cash」
  5. 先物『US500-隔月』は「CFD Future」

①気配値表示のどこでもよいので右クリックします。

②表示されるメニューの中から『通貨ペア』項目をクリックします。

③通貨ペアリストが表示されます。

この一覧の中で現物は「CFD Cash」に、先物は「CFD Future」にあります。

現物CFD『US500Cash』をダブルクリック。もしくは選択して右メニューの表示をクリックする。

先物『US500-隔月』をダブルクリック。もしくは選択して右メニューの表示をクリックする。

 

US500をMT5に表示させる

MT5の場合もやり方は同じですが項目名が微妙に違います。

US500を追加する方法(MT5):

  1. どこでもよいので気配値を右クリック
  2. メニューから『銘柄』を選択します。
  3. 一覧表示される中から銘柄を選択/『表示』をクリック
  4. 現物『US500Cash』は「CFD > Cash indices」
  5. 先物『US500-隔月』は「CFD > Futures > indices」

①気配値を右クリックするのは一緒です。
②MT4の場合は「通貨ペア」でしたが、MT5の場合は『銘柄』をクリックします。

③通貨ペアリストと同じ銘柄ウィンドウが出ます。

ここで現物CFDは『CFDs > Cash indices』のリストにあります。

先物は『CFD > Futures > indices』のリストにあります。

特に先物は3ヶ月ごとに表示し直さなければいけないのでやり方を覚えておいたほうがいいですね。

 

US500をトレードする

表示させたUS500Cash,US500を右クリックすると『新規注文』ができるようになります。

『新規注文』をクリックすると「オーダー画面」になります。

各項目:

  1. カウントダウン(成行)か、指値注文を選べます
  2. ロット数です。US500は1lot以上が標準になります
  3. ストップ注文です。ex:2100
  4. 利益確定注文です。ex:3000
  5. 買い、売り、どちらかをクリックで成行注文が執行されます。

紫色でくくったのはUS500のコントラクトサイズです。

注文さえ通ればあとはFXと同じです。ポジションを保有したら成行決済するなり、利益確定かストップロスのどちらかが執行されるまで保有するなどで対応します。

 

US500取引の注意点

JP225を取引している際にロット数に注意が必要です

絶対に確認し、覚えておきましょう!

 

現物のマイナススワップに注意

現物CFDである『US500Cash』は翌日に持ち越すとマイナススワップが付与されます。買いでも売りでも同様です。

そのためデイトレなどの短期売買に利用したほうが良いですね。

もしスイングトレードをするのであれば満期の期日に注意しつつ先物CFD『US500-隔月』の方を取引したほうがいいでしょう。

 

JP225取引しているとロット間違いしやすい

US500の1lotの取引金額は約30万円となるため、日経225CFDやダウ30CFDと1lotの取引金額が異なります。

US500の取引金額

『ロット数』×『コントラクトサイズ』×『オープン価格』=取引金額

『1』×『1』×『2424USD』=2424USD

円換算する:(ドル円=110円)

2424×110=26万6640円

これに対してJP225の取引金額はわずか2万円となります。

日経225の取引金額

『ロット数』×『コントラクトサイズ』×『オープン価格』=取引金額

『1』×『1』×『20560JPY』=20560JPY

JP225で現実的な利益をあげようとするのであれば『100lot』の取引が自然になってくるでしょう。

この1lotの取引金額の違いをきちんと理解していないと日経225を100lot取引している癖が抜けずにUS500Cashを100lot取引してしまう間違いを引き起こしてしまいます。

US500を100lotとは3000万円近い取引金額です。

建てただけでスプレッドの損がー1万円近くあります。

XMのハイレバレッジでは少額の証拠金でポジションが立ってしまうのです。

 

 

 

おくお
おくお
上2画面は銘柄名が違うだけなので、意外と気づかずやってしまうのです・・・

 

なぜ1lotの金額がこれほどまで違うのか

日経225のJP225CashとS&P500のUS500Cashという取引されやすい2銘柄。

この2つはそれぞれ単位が「円」と「ドル」と違っています。

円は他の通貨よりも単位の価値が小さいです。

1円と1ドルでは100倍近い差になります。これが原因です。

XMにおける『1lot』がいくらになるのか。FX、日経225、ダウ30、原油、金などの金額を知りたい方はコチラの記事で。

XM口座で日経やダウの1ロットの取引量と証拠金各口座で1枚の取引量が違う! XMではトレーダーの資産状況や取引量に合わせて口座の種類を3つに分けています。 それぞれ ...

 

まとめ:S&P500CFDは現物でデイトレを

CFDを利用することでS&P500の株価指数の動きもトレードのチャンスにすぐことができます。

特にXMはレバレッジ100倍という日本国内業者にはありえないハイレバレッジで取引することができます。

リスクオフの暴落や、トランプ発言での暴騰をハイレバレッジで上手く取れれは数万円の証拠金で数十万円の利益を狙うことができます。

反面、JP225と併用トレードしているとロット数の入れ間違いで取り返しのつかない間違いをしてしまう可能性もあります。

しっかりと取扱に慣れて100倍のハイレバ勝負に利用しましょう

S&P500CFDトレードまとめ

S&P500CFDの特徴

  • S&P500は米国株の全体指標
  • XMならS&P500CFDがレバレッジ100倍でトレードできる
  • 1lotの金額は約30万円

S&P500CFDの注意点

  • 現物「S&P500Cash」と先物「S&P500-隔月」がある
  • 現物はマイナススワップが付くのでスイング不向き
  • 先物はスプが広く、3ヶ月の取引期限がある
  • lot数の間違いによるS&P500の誤発注は最大限の注意を!!!

 

おくお
おくお
lot数入れ間違いに最大の注意を払いつつ、100倍のハイレバレッジでデイトレ勝負をしましょう!

 

 

ABOUT ME
アバター
おくお
XMを利用していて億万長者になっています。現在も利益を狙っての生活を続けています。安定して勝ち続けるにはXM利用が一番!それが私の経験から出た結論です。
海外FX会社選びでXMが一番良いわけ

XMは海外FX会社でダントツの人気No1!

XMPや入金ボーナスも豪華です >>ボーナス情報

XMは少額資金で大きな利益を狙えるトレードをするのに最適な海外FX会社です。

たくさんのハイレバトレーダーがXMを利用しています。

詳細ページ公式ページ