相場分析

ドル円はレンジ抜けず、上方向へチェンジか?

↓文章読み上げです。音声で聞くとより頭に入りますよ。


ドル円の相場分析

こちらはドル円の4時間足です。ドル円は昨日レンジ下限の108.65まで下げるものの反発。レンジ相場がさらに継続することになりました。

しかし分厚かった雲の形も徐々に小さくなっており、下に動くタイミングは近くなっていると思われます。

下値余地が小さくなる

しかしドル円の日足を見てみると、21移動平均線が徐々に上昇してきており、今日明日あたりにはレンジ下限に到達することになります。MA乖離がなくなっているため下げの理由が1つ減ることになります。下抜けをしても大きくは下げにくい状況と言えます。

よって昨日予想した下目線を一旦ニュートラルに変えてレンジ継続とみなします。

 

売買方針:

レンジ継続。108.65-109.25のレンジを逆張り。

下抜け目線は一旦ニュートラルに。

 

ABOUT ME
アバター
おくお
XMを利用したトレードを公開しています。チャートパターンからスイングトレードがメインですが、相場が大きく動くときはハイレバレッジをかけて大きく利益を取りに行く手法でトレードをしています!
海外FX会社選びでXMが一番良いわけ

XMの入金ボーナスも豪華です >>ボーナス情報

私が利用しているFX会社は国内FX会社ではヒロセ通商

海外FXブローカーではXMです。

XMはFXだけでなくCFDも1つの口座で幅広くトレードすることができるためメイン口座として活用しています。基本はデイ・スイング。

相場が大きく動いたり、転換点を超えたときにはハイレバレッジをかけて勝負をすることもあります。

公式ページ