XM 入出金ガイド

XMで使えるSTICPAYの新規登録方法と本人確認作業

この記事のざっくり解説:

  • STICPAYについて説明
  • STICPAYの利用メリット
  • STICPAYの新規登録作業【解説

海外FXでは常に便利な入出金サービスが刷新されます。今回説明するSTICPAY(スティックペイ)は主に海外オンラインブックメーカーなどで利用されている電子マネーサービスです。

2019年に海外FX「XM」の入金・出金どちらにも対応しました。

SITCPAYは完全日本語対応、入出金が簡単、プリペイドカードを発行しATMから出金可能、XMとの入出金にも利用可能であり、今後海外FXにおける入出金手段の1つになっていくことが予想できます。

XMにおいては入金額以上の出金が可能であり、利益部分の出金(※)を行うことが以前では可能でした。

※2019年6月、XMではsitcpayとbitwalletは入金額までしか出金できないため、利益部分の出金ができるのは実質銀行電信送金だけになっています。

ここではSTICPAYを実際に利用するために、最初にやるべき新規登録作業の解説を流れに沿って行います。

 

STICPAYの新規登録(口座開設)方法

では新規登録方法を流れに沿って解説します。

step1:STICPAY公式サイトへ

まず最初にSTICPAY公式サイトへアクセスします。

ページ中央部の「口座開設」というボタン、もしくはページ上部の「会員登録」をクリックしましょう。

 

 

step2:メールアドレス、氏名、生年月日を入力

必要事項入力画面になるので各種内容を入力します。

ポイントは生年月日と通貨です。STICPAYではログインに生年月日が必要なので間違えずに入力しなければなりません。

またSTICPAYのプリペイドカードの基本通貨はHKD(香港ドル)なのでHKDにしたほうがよいという説明もありますが、XMTradingで利用する際は口座通貨としてHKDを選べませんのでどの通貨を選んでも両替の際に為替手数料がかかってしまいます。

なので自分のXMtradingの口座通貨を選んだほうが分かりやすいでしょう。

  • メールアドレス
  • 名前
  • 苗字
  • 生年月日
  • パスワード
  • パスワード(確認)
  • 国名
  • 通貨

 

step03:SMS認証のため電話番号を入力

次に電話番号を入力してSMS認証を行います。

+81(Japan)と薄く書かているところはそのまま、下部フォームに電話番号を入力して「SMS発送」ボタンを押します。

ほぼ即座にスマホのSMSに4桁の数字が記載されたメッセージが到着します。

私がやった時は問題ありませんでしたが、メッセージが来ない場合があります。その場合は入力する携帯電話番号の頭の0を取って再試行してみましょう。

例:080-1234-5678だったら80-1234-5678に

到着したメッセージに記載されている4桁のコードを下に入力し、「コード確認」ボタンを押します。紛らわしいですがこのときに「送信」を押さないようにしましょう。

 

step04:登録作業完了

これにて登録作業は完了です。非常に簡単ですね。

入力項目がわかっていれば5分もかかりません。

次にやること:

メールアドレスに確認メッセージが来ているのでそれを確認

 

step05:承認メールを確認

メールアドレスがしっかりと間違っていなければ下記のような『アカウント承認おめでとうございます。』が表記された確認メールが届きます。

こちらが到着したらもう画面にログインできるので、本人確認書類提出作業に移ります。

 

本人確認書類の提出作業

アカウント登録はこれだけで終了ですが、実際にお金を出し入れするためには口座認証のために本人確認書類を提出して認証してもらう必要があります。

ここではその本人確認書類の提出作業の流れを説明します。

必要な書類はXMなどにも必要であった『居住証明書』と『身分証明書』の2種類になります。

step06:公式サイトからログインする

再度公式サイトからログインを行います。

『メールアドレス』『パスワード』『生年月日』の3つでログインできます。

生年月日は1980年10月10日であれば1980-10-10と入力します。またはフォーム右側にある📅アイコンから年・月・日を選択してもよいです。

 

step07:マイページ下部から文書アップロードページへ

口座にログインすると、画面下部の『口座の概要』タブに『居住証明書』と『身分証明書』のコーナーに「文書をアップロードしてください。」と書いてあるリンクがあるのでそちらをクリックします。

 

step08:『居住証明書』と『身分証明書』をアップロード

先程のリンク、もしくは左メニュー「書類>account」から下記画面にいきます。

そこに『身分証明書』と『居住証明書』のアップロードフォームがあるため、そこから書類をアップロードして提出します。

各種書類として受け付けてもらえるものは下記の通りです。

 

身分証明書になる書類
  • パスポート(もちろん期限内)
  • 運転免許証(住所証明書との併用不可)
  • マイナンバーカード(住所証明書との併用不可)
  • 写真付き住基カード

 

『居住証明書』:発行後3ヶ月以内が条件
  • 公共料金請求書や領収書(電気・ガス・水道・・プロバイダ・携帯電話 etc)
  • 電話料金明細書や領収書
  • クレジットカードの明細書
  • 銀行取引の明細書
  • 住民票
  • 納税関係書類

こちらの書類を画像にしたら画面の緑色で囲った『アップロード』ボタンでアップロードします。

また書類は画像データである必要があるため、家やコンビニのスキャナーで電子データにするか、スマホで撮影してそのデータを送りましょう。

ちなみに白黒データは嫌がられるので必ず「カラー」の画像を取得しましょう。

その際に、実際に記載されているご自身の住所を『英字で』下記フォームに入力しておきます。おそらく翻訳間違いを防ぐための措置でしょう。

フォームに入力する情報:

  • 番地建物名
  • 市区町村
  • 都道府県
  • 郵便番号

難しいことはないのでご自身の住所をローマ字表記で入力します。

面倒だったり、間違いが怖い場合は「Google翻訳」に住所を入力して英字変換してもらう方法もあります。便利でいいですよ。

他には『住所変換:JuDress』という住所の英字変換サイトなどもあります。

 

step09:提出後は審査結果を待つ

上記2つの書類を提出した後は審査結果を待つだけになります。

きちんと提出できてれば下記のようなメールが登録したメールアドレスに送られてきます。

おおよそ1~2営業日で審査結果はわかります。

 

 

step10:承認完了!

審査が通過できれば下記のように『お客様のSTICPAYアカウントは承認完了しました。』というメッセージが記載されたメールが送られてきます。

これにて本人認証作業は完了です!

STICPAYを利用した入出金やプリペイドカード発行の準備ができたことになります。

アカウントのマイページにもきちんと『✔承認』マークが付いていることがわかります。

 

STICPAYに関する手数料情報

STICPAYの手数料は入金、出金ともにbitwalletよりも高めになっていますbitwallet利用できるのであればそちらのほうがオススメです。

STICPAYは一時、利益部分の出金が可能なサービスであり重宝していましたが、コンプライアンスの問題でそれが中止になりました。

現在、入金額以上の出金ができるのは『銀行電信送金』のみになっています。

 

STICPAYの入金に関する手数料情報

入金方法 手数料率 着金時間
国内銀行送金→STICPAY 1.00% 1時間以内
国際銀行送金→STICPAY 5.00%(※) 3~5営業日
Unionpay→STICPAY 1.50% 1時間以内
クレカ→STICPAY 3.85% 1時間以内
bitcoin→STICPAY 1.00% 2~3時間以内

※海外電信送金になるため中継銀行手数料がかかります。また送金元の銀行によっては海外送金にあたって面倒な手続きが必要であり、送金手数料も多額になります。

 

STICPAYの出金に関する手数料情報

出金方法 手数料率
STICPAY→国際銀行送金 5.00%
STICPAY→国内銀行送金 800¥+1.5%
STICPAY→ATM 最小4USD、または手数料1.00%
STICPAY→STICPAYカード 1.30%
※実際はカードへの入金と為替手数料がそれぞれ2%
つまり実質は5.30%という高いコストがかかります。
STICPAY→bitcoin 1.00%
STICPAY間送金 1.00%(上限35USD)

 

 

その他の手数料情報

他手数料情報
為替手数料 約2.00%
STICPAYカード発行手数料 35USD
STICPAYカード利用限度額 HKD 15,000 (US $ 2,000)/日
HKD 75,000 (US $ 9,500)/月
ATM出金上限 HKD 40,000 (US $ 5,000)/日
HKD 75,000 (US $ 9,500)/月
STICPAYカード会費 カード発行から13ヶ月目から毎月10HKD
残高確認費用 オンライン:無料 | VRS :無料 | ATM : HKD 5

 

 

入金・出金の手数料はXMが負担してくれる?

XMTradingはクレジットカードやbitwalletなどの入出金手数料を負担してくれるので、てっきり無料で入出金可能と思ってしまうかもしれません。

しかしXMTradingが負担してくれるのは『XMに入金する時』と『XMが出金する時』にかかる手数料のみになっています。

自分のSTICPAYに入金する際の手数料や、STICPAYから出金する際の手数料はXMは関係ありませんので自己負担することになります。

STICPAYはクレジットカードの入金や国際電信送金での入出金の手数料には5.00%以上の手数料負担になる仕様のため、できるだけ手数料の低い方法を選ぶべきです。

なお、プリペイドカードを発行してATMから現金を出金もできますが、その出金は香港ドル(HKD)でないと為替手数料が二重にかかるため手数料が5%以上の負担になってしまいます。

詳しくはSTICPAYの出金の記事にて。

 

STICPAYの入金・出金はこちらの記事で

XM(XMTrading)へSTICPAYで入金する方法【図解】 この記事のざっくり解説: STICPAYを使ってXMに入金する方法 まずSTICPAYに入金する方法 ST...
XM口座からのSTICPAY出金方法を流れに沿って解説 この記事のざっくり解説: STICPAYでの出金を利用するメリット XMTradingでSTICPAYを使った出...

 

ABOUT ME
アバター
おくお
XMを利用していて億万長者になっています。現在も利益を狙っての生活を続けています。安定して勝ち続けるにはXM利用が一番!それが私の経験から出た結論です。
海外FX会社選びでXMが一番良いわけ

XMは海外FX会社でダントツの人気No1!

XMPや入金ボーナスも豪華です >>ボーナス情報

XMは少額資金で大きな利益を狙えるトレードをするのに最適な海外FX会社です。

たくさんのハイレバトレーダーがXMを利用しています。

詳細ページ公式ページ