MT4 使い方ガイド

XM MT4でのインディケーターの出し方・使い方【一目均衡表】

XM MT4 での一目均衡表の雲の使い方

 

 

一目均衡表の雲とは、単純移動平均線に、雲のような厚みを持たせたもの、と考えて下さい。1936年に一目仙人こと細田悟一氏が約2,000人のスタッフと7年かけて完成させたジャパンオリジナルツールになります。時間の流れと相場のバランスを重視し、相場に参加している方がどちらを向いているかを視覚化したツールになります。

 

時間軸や空間軸を認識した難解なツールですが、その概念までを理解する必要はなく、シグナルと使い方だけ憶えればOKです。

 

英語名はそのまま Ichimoku Kinko Hyo になります。

 

ツールバーの【挿入】⇒【インディケータ】⇒【トレンド】⇒【Ichimoku Kinko Hyo】の順に選択して下さい。先ほどのMoving Averageのすぐ上になります。

 

 

一目均衡表のパラメータはそのままでよい

Ichimoku Kinko Hyoの設定ウインドウが開き、パラメータの設定を求められますが、このままで大丈夫です。

 

 

Ichimoku Kinko Hyoの設定ウインドウが開き、パラメータの設定を求められますが、このままで大丈夫です。

なぜなら、大多数のトレーダーは、デフォルトのパラメータのまま、一目均衡表の雲を使っているからです。多数派に相乗りするのが、FXの大原則です。トレンドは、多数派の方向に形成されるのですから。

適用されると下のようなチャートになります。

 

一目均衡表の雲にもまた、値動きを跳ね返す力があります。◎印の水準で、値動きの「雲」への侵入が阻まれていることがお分かり頂けると思います。

 

いったん値動きが雲の中に突入すると、今度は外に出るにもエネルギーが必要となります。

 

雲の境界で、逆方向に跳ね返されることが多い、と覚えておいて下さい。

 

なお、単純移動平均線は、すべての時間軸のチャートで同程度に有効ですが、一目均衡表の雲は、日足での有用性が特に強いです。日足の一目均衡表の雲は、日足の単純移動平均線よりも、強力です。なぜなら、海外のトレーダーに、日足の一目均衡表を見てトレードしている人が多いからです。みんなが見ているから、有効。繰り返しになりますが、それがFXの原則です。

 

一目均衡表は、単純移動平均線のように複数は表示させず、ひとつのパラメータセットだけ表示させます。

 

XM取引のフローチャート

>>TOPページに戻る

 

ABOUT ME
アバター
おくお
XMを利用したトレードを公開しています。チャートパターンからスイングトレードがメインですが、相場が大きく動くときはハイレバレッジをかけて大きく利益を取りに行く手法でトレードをしています!
海外FX会社選びでXMが一番良いわけ

XMの入金ボーナスも豪華です >>ボーナス情報

私が利用しているFX会社は国内FX会社ではヒロセ通商

海外FXブローカーではXMです。

XMはFXだけでなくCFDも1つの口座で幅広くトレードすることができるためメイン口座として活用しています。基本はデイ・スイング。

相場が大きく動いたり、転換点を超えたときにはハイレバレッジをかけて勝負をすることもあります。

公式ページ