相場分析

ドル円は指標までヨコヨコ。パターン通りに動きそう

↓文章読み上げです。音声で聞くとより頭に入りますよ。


ドル円の相場分析

こちらはドル円の4時間足です。

ドル円は108円前半の根固めをしてから109,110と次々に突破。111円手前まで上昇。その後は110.50まで押しましたが非常に強い上昇エネルギーのため、上昇が終わったとするには早い段階です。

チャートをみると21移動平均線にちょうどサポートラインが引けて、わかりやすい押し目となっています。この形は先々週と同じようなパターンになっており、このパターン通りに動くのであればヨコヨコする可能性が非常に高そうです。

さらに今日はアメリカの雇用統計が発表される日のため、指標前に大きな動きは考えにくいとすると本日は指標までは様子見とするのが妥当でしょう。

Created By ondoku3.com

ABOUT ME
アバター
おくお
XMを利用したトレードを公開しています。チャートパターンからスイングトレードがメインですが、相場が大きく動くときはハイレバレッジをかけて大きく利益を取りに行く手法でトレードをしています!
海外FX会社選びでXMが一番良いわけ

XMの入金ボーナスも豪華です >>ボーナス情報

私が利用しているFX会社は国内FX会社ではヒロセ通商

海外FXブローカーではXMです。

XMはFXだけでなくCFDも1つの口座で幅広くトレードすることができるためメイン口座として活用しています。基本はデイ・スイング。

相場が大きく動いたり、転換点を超えたときにはハイレバレッジをかけて勝負をすることもあります。

公式ページ